フラメンコ

フラメンコは魂の解放✨

フラメンコとの衝撃的な出会い

フラメンコに恋して34年くらい経つと思います。

踊ることが大好きな私が、最終的に辿り着いたのがフラメンコでした。

その時の衝撃はいまだに忘れられません。

独特のリズムパターンに血が騒ぐ?というのはこういうことでしょうか?

心と身体の細胞が満場一致、ガチっと繋がって、これだ!踊ってみたい‼️という衝撃が走ったのです。

ワクワクが止まらない、良いよね、すごいよね、と、ダンスユニットを組んでいた友人と、興奮しまくったのを覚えています。

アントニオ・ガディス舞踊団の来日公演を観た時です。

クリスティーナ・オジョスのムニエカ(手首を回す独特な表現)に魅せられると共に、足を踏み鳴らす独特なリズムパターン✨

身体が動きたくて仕方なくなり、でも参加出来ないもどかしさ、もうやるっきゃないと、なったわけです(笑)

潜在意識と繋がって、自分が1番やりたいこと、ワクワクすることをしましょう💕と、今、巷で言われていますが、これが、その時、私に訪れたんだなぁと思います。

フラメンコを踊りたい!という気持ちに正直に、真っ直ぐに、ひたすら心の赴くままに、歩んできました。

なぜフラメンコなのか?

一つ言えることは、心折れそうな時も、怒りが収まらない時も、不安いっぱいな時も、自分を制御不能な時も、フラメンコを踊っていたから生きてこれたのかなと思います。

フラメンコに感謝です❣️

ちょっと大袈裟かもしれないけど、そういうものって、きっと誰にでもありますよね。

フラメンコの魅力

独特でありながら、シンプルで正直な心の叫び。

直に伝わりやすいのが魅力かと思います。

独特な部分は、

足を打ち鳴らすパート(サパテアードに表現)

手首を回す(ムニエカ)手のパート

コンパスと言われるリズムパターン

手拍子(パルマ)

ハレオ(掛け声)

ピト(指鳴らし)

衣装も独特かな?

小道具として、

パリージョ(カスタネット)

マントン(大きなショール)

アバニコ(お扇子)

コルドベス(帽子)

これらの表現方法を使って、自分の心の底から湧き出てくるものを、解放し、表現していく。

即興的要素が強いので、実は振付に縛られるものではなく、自由です。

とは言っても、合図は必要で、ギター、カンテ(歌)、バイレ(踊り)、三位一体がなされた瞬間、思わずオレー✨となり、魂が喜び、心が解放される瞬間!と、私は感じています。

フラメンコに惹かれたら、理由など考えずに、是非試して欲しいです!

もし、あなたの魂が、潜在意識が望んでいることであれば、尚更です。

フラメンコのエネルギーは、とてつもなく大きく、包容力があり、暖かいですよ。

喜怒哀楽の人間味が溢れてる

曲によって、様々な喜怒哀楽をみせてくれるのがフラメンコ。

真摯、心底暗い、深すぎる悲しみ、めちゃ陽気でふざけている、愛嬌たっぷりで粋、弾けてる、などなど、人間らしさ満点で、実は親しみやすいですよ。

どんな人の中にもある感情なので、それらを押し出すことで、共感を呼び、救われるのかもしれないなぁって思います。

表現者も、観客も。

個性を拡げていける

短所も長所も全部ひっくるめて、それが個性✨

世代を超えて、老若男女どなたでもOK。

そのままの自分で十分素敵だよ、と肯定してくれる、そんなフラメンコ、懐が深いでしょ。枠や制限は無し✨

個性豊かな人間達のフラメンコ、イメージするだけでワクワクしてきませんか💕

 

教室のご案内

カルサロスタジオフラメンコクラス

東京下町フラメンコクラス

千葉県旭市フラメンコクラス

 

 

タイトルとURLをコピーしました