鴨下和美プロフィール

幼少の頃よりモダンバレエ・日舞を習う。 学習院女子短期大学国文学科卒業。

OL時代を経た後、カルチャーセンター・スポーツセンターに て、ヨガ、エアロビクスのインストラクターをする傍ら、劇団自由劇場養成所に入り、ジャズダンス、ミュージカル公演に出演。 1987年小島章司氏に師事、フラメンコの道を歩みはじめる。

1990年スペインへ渡り、マリア・マグダレナ、アンヘラ・グラナ ドス、ラウール諸氏に学ぶ。帰国後、各種イベント・ライブへ精力的に出演。

1992年サンシャイン劇場舞踊コンクールにて優秀舞踊手賞、特別奨励賞受賞を機に、

1993年再度渡西。ギタリストのヘスス・ピメ ンテルらとトリオを組み、本場スペインはガリシアにて公演活動を行う。地元の新聞に紹介される。

1994年『スタジオイリス』を設立。以後、渡西を続けながら、国内のイベント出演及びライブ活動を続ける一方、フラメンコ教室や関東近郊のカルチャーセンターにてクラスを開講。子どもからお年寄りまで幅広く指導。

2000年に念願のソロリサイタルを開催。

2004年スタジオを新小岩から錦糸町に移転。

2006年から定期的なライブ活動を再開。

三味線、ジャズバンド、ヴァイオリン、オーケストラなど他分野との特別コラボレーションライブはどれも大好評を博した。これらのスペシャル企画公演は、テーマに合わせて独自の表現を作り上げ、伝統的フラメンコに敬意を評しつつ、踊り手としての可能性を広げ、変化躍進を続けている。

備考

19906~199110月迄 フラメンコ専門紙『パセオ』に「ハポネサ2人娘留学日記」を寄稿

19935~19942月迄 スペイン西部のガリシア(スペイン西部)にて公演活動    (同地の新聞3紙に日本人フラメンコ舞踊手として紹介される)の傍ら、雑誌『婦人通信』にスペイ紀行を寄稿。

1994年活動の拠点となる『スタジオイリス』設立 20006 すみだトリフォニー小ホールにてソロリサイタル「Es la Hora」を開催

20011225 初の著書『フラメンコ女大地に立つ』刊行

20044月スタジオ移転(新小岩から錦糸町へ)

2006 ライブ活動再開。地域密着型の教室を展開

2009 毎週月曜エルセロドス、奇数月第1水曜ファミリアなど、定期的にライブ開催。

2010 月例エルセロドス、銀座ROSSOでの定期的ライブ活動の他、ジャズ大御所ベーシスト、ジプシーヴィオリン、クラシックヴィオリンとのコラボレーション等、精力的に活動。

2011 特別企画ライブ「カフェカンタンテ」「神之島」開催

2012 104NHK総合「あなたが主役50ボイス」に紹介される。

2013 7月に三日連続ライブを開催し、大好評を博す。12月に二日連続でスペシャル公演(癒しテーマ)を、小ホールsonoriumとエルセロドスにて開催

2019810年半継続した月例エルセロドスライブ終了

20199月スタジオイリス25周年発表会開催

20203月スタジオ移転(錦糸町から光が丘へ)

ジャイロトニックトレーナー資格を習得したことで、よりバージョンアップした身体作り独自のメソッド、ジャイロトニックセッションでは、オプションメニューとして、脳の解放「アクセスバーズ」等、心身共に健康を目指した新生イリスを立ち上げ

タイトルとURLをコピーしました